2009年06月18日

忙しすぎるのと

救急は忙しすぎるのと、
面白いことが全部個人情報噛んでくるから、
何もかけなかった。

毎日だいたい8時間。朝七時からか、昼三時から。
患者さんの問診取って、プラン考えて、紙書いて、
MedicalRecord見て検査結果もうつして
プレゼンして。一丁上がり。

レジデントが暇だったら、この後いろいろ話してくれるけれど、
救急のレジデントが暇なのは日曜日の朝ぐらいで、
患者30人待ち。8時間待合にいた人とかも。
これが通常シフト。

特殊シフト1。救急車同乗。
患者さんの家にもズカズカ上がり込む。
どんなところからEMSが患者を連れてくるのか、間近で見られた。

特殊シフト2。看護師さん後追い。
IV取ったり。看護婦さんと話したり。
どんな医者も、手技は練習しないと、うまくならない。

特殊シフト3。Teaching observation。
アテンディングが見てる前で、患者さんの診察をする。
診察技術、項目、聞き方のマナーなど全部チェックされて、
フィードバックをくれる。

特殊シフト4。シミュレーション。
日本でもあるような、人形を使って蘇生の演習。
違うのが患者の設定と、
問診も取れる(先生がマイクで答える)のと、
薬も手技も使えという3点。
部屋を開けたら、うわ胸を指されて血だらけの人形が!
学生六人で頑張る。

意識がなくなるまでに問診とる!しゃべれると言うことはAir way intact!
さっさと挿管。さっさと気胸減圧。
心室細動?Cardioversion!そこの君CPR!エピ1mg!
Asystole?除細動じゃないよ!エピ!アトロピン!
けいれん止まらん?アチバン2回!フォスフェニトイン2回!
フェノバルビタール2回!とまれ!
Hyperkalemia?どうすべ?βアゴニスト?インスリンとブドウ糖?
そうこう
模擬戦場。まさにシミュレーション。

特殊シフト5。ヘリにのる。
発着場が、まず遠い。そこまで朝六時までに行く。
ドクターヘリだー!ナースヘリか。案外うるさくないエンジン音。
耳栓二重につけたからかな。

最終シフト。プレゼンテーション。
症例提示と、論文を紹介する。なぜかMeningitisの人に惹かれた。
論文を探したら、ケルニヒとブルジンスキーの感度が超低いのにびっくり。
感度高い、Jolt Accentuationは日本人ドクター発祥なのか。
PubMedで探したけど、サマリーしかない。
よく見るとHopkinsの図書館に原著があるらしい。
誰もJoltの検査しよらんからな。
日本人ドクターにも良い人はいるんだ!とホプキンスで頑張ってみる。

で、Welch libraryのStackの中へ行ってきた。
上から下まで、ぎっちり本。床がとても薄い。
巨大な本棚の中に、床を作ったという方がイメージ近い。
これがライブラリーってやつか!みたいな。

エレベーターもとても古い。後付けじゃなさそうだし、知識が将来ふくれあがっても大丈夫なように、初期投資したんだろうなぁ。先見の明がすごい。お目当ての1991年Headache誌、第三巻、167ページのUchihara先生の論文をゲットする。

コピー機も無料。それにくらべてどこぞのw
まぁいいか。


ちょうど冷蔵庫も売れた。
車を借りた日に、150ドルで買って、
二人で三ヶ月がっつり使った思い出の冷蔵庫。
途中でパイナップルジュースが爆発したなぁ。
きれいに拭いて、80ドルで売れた☆
posted by Dotzauer at 09:36| 🌁| Comment(50) | 留学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月07日

救急雑記

ドラマチックでとても面白いんだけど、個人情報書かないと、なーんにも書くことがない。
一日だいたい四人患者さん担当。
話を聞きに行って、プレゼンして、鑑別疾患も言って、必要な検査を言って一人×4。
慣れちゃったわ。

鑑別はいつも完璧にあげられる訳じゃない。学生だもの。循環器と内分泌なら簡単にあがるけれど、腹痛とか、めまいとか、なかなかぱっと出てこなかったりする。精進あるのみかなあ。

あと、外傷救急来たら見に行く。
アルファー(重症小児)、ブラボー(軽傷小児)、デルタ(重症大人)、エコー(軽傷大人)の招集が放送で聞こえたら、クリティカルケアルームへ。何か処置とか、やらせてもらえたりする。まぁ処置なんか、日本でもいくらでもやれるしなぁ。


患者さんがお腹減ってそうだったから、病院食を持って行ってあげた。
救急の患者さんは、入院してない扱いだから、基本配食サービスとかない。
患者さん用の冷蔵庫に、病院が軽食セットを用意してあって、医療者のボランティア精神で患者さんに食事を出してあげたり、出さなかったり。そんな風になっている。お金は取らない。
今日見た患者さんは、全員に食事を出してあげた。
おいしかったよ−って喜んでくれた。ちょっと達成感。


最近、自分がプレゼンしたことを、そのままレジデントがばしばしパソコンに打っていく。確かめないのか!英語間違ってたらどうすんだ!間違ってないと思いたいけど!書いて保存してから、一応ちょっとだけ確かめたりするんだけど、結構責任重大。


そろそろドライヤーと冷蔵庫を売りに出すためのチラシつくらなくちゃ!
posted by Dotzauer at 06:00| 🌁| Comment(0) | 留学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月27日

内分泌の思い出

書く暇がなさ過ぎて、もう救急が始まってしまった。
内分泌の思い出。
アテンディング。

Dr.Cooper。Uptodateで内分泌の監修者一覧の、一番上に出てくる偉い人。
唐突に唐突な質問してくる。英単語だったり、ラテン語だったり。
内分泌の医者だから、カソデックスを知らなかったりする。

Dr.Browm。なぜかいつも目が笑ってる。目だけ笑ってる。
たまに回診で一緒。仕事が早い。

Dr.Kim。でかい。声低い。色白い。韓国系。外来の合間にドクターペッパー(diet版)を飲みながら、boringboring.netとか、slashdotとか見ている。仕事は超早い。英語喋るスピードも速すぎて、訛りもあって、ついて行くのが大変。
回診の時にあんまり患者さんに触れないwけど、さすがにきちんと情報は整理して聞いているぽい。触診とか、全員にしなくてもいいもんなのか。

Dr.Xing。やりたいと言えば何でもやらせてくれる、中国のおじさん。基本無口。聞き取りやすい英語で好き。

Dr.Golden。黒人のおばちゃん。テンションが高い。


フェロー。

Dr.シボン・シャンパネリ。一ヶ月ずっとくっついて回ったw
アメリカでも人間味を感じさせる。等身大のお医者さん。
仕事が大変だとか文句も言う。医者だって疲れるときは疲れる。
土日も休み無し。24時間オンコールで、26日連続勤務だわ−。とか。

Dr.ナディーン。昼食カンファでいつもピクルスを四五本、もりもりくってる。
カンファ弁当が変更になって、ピクルスが一人一本の割り当てになってとても嘆いていた。代わりに、サンドイッチにマスタードを入れまくるように。マスタードちょうだい☆って言われたけど、もう使っちゃったもんね。

Dr.Elyse。でかくてすらっとした白人女性のイメージがある中、小さくてちょっとだけ丸っこい小児科フェロー。小児病棟の話を聞くと、とても嬉しそうに語ってくれる。子供大好きっぽい。小児科レジデントを終えて、小児内分泌のフェローシップ中、大人の内分泌も一ヶ月間体験しなくちゃいけないらしい。

Dr.Kendall。話すのが早い。医療経済に危機意識を持ってる。
(Dr.Kimが見てたSlashdotだかには、確かメディケアの破綻予想が2025年ぐらいになっていた気がする。)優秀な白人女性医師。出会って一週間でバカンスに行ってしまって、それっきり。

名前も知らないフェローが数人。色白イケメン系と、地べたで野菜(にんじん丸のまま)をボリボリ食ってた女性。


個性的な先生が多かった気がする。


シボン「最近のグランドラウンド良く分からんのがおおいすね先生」
ゴールデン「基礎科学っぽいのが多いからね。私も分かろうと頑張ってはみたんだけど、変われなかったよ。だいたい基礎には説明がうまい人が少ないというか、わかるでしょ?」


外来にかける時間が最短15分、新患なら45分の枠が取ってあるw
日本の枠、だいたい五分刻みw
15分でも黒字出るような制度なら、15分ぐらいきっちり話を聞くだろうにw
一時間半遅れてきた患者さんもちゃんと診察。今日は全部の患者が遅れてきたわーってナディーンが嘆いていた。
でも、小児科は15分遅れたら見ないポリシーだそうだ。もう一回予約を取るところからやり直し。


糖尿病外来に行った。患者さんが、とても甘いお菓子を差し入れてくれた。
ひどいジョークというかwでも、おいしくいただいたw
糖尿病外来では“ミスを減らしたいから”問診票を使っていた。
フェローはだいたい患者さんが問診票を埋める手伝いをするだけ。
病気がたくさんある、複雑な患者さんが多いから、しょうがないかも。


病棟カンファ部屋で余ったサンドイッチを、オフィスに持って帰ろうとシボン。途中で警備の人がとても陽気に挨拶してきたのが気に入ったのか、サンドイッチあげちゃった。突然の贈り物に、警備の人なんか感極まってた。まぁオフィスに持って帰っても、誰も食べないんだろうけど。二日前のサラダとか、一週間前のペットボトルとか置いてある。


五件コンサルトでシボン疲れてた。インスリンの増量の是非もコンサルト。他科の医者ではインスリン量の調節はできないのか?と思って聞いてみた。できるけどComfortableかどうか?が大事らしい。
posted by Dotzauer at 09:23| 🌁| Comment(0) | 留学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月06日

Career

carrer.jpg
青いのがレジデンシー。緑はフェロー。
レジデントの一年目はInternと呼ばれる。
期間は3年から5年。外科が5、内科は3、産婦人科が4年。
レジデント最終年を、シニアレジデント、と呼ぶ人もいる。

レジデント監督係が、チーフレジデント。
レジデントを終えてフェローに入る前にチーフレジデントをするところもあれば、ホプキンスではAttendingの先生がチーフレジデントをしてる。フェローになる前にチーフレジデントすると、お金そこそこもらえたり、良い評価もらって人気が高いところでフェローできるようになったりする。

フェローの情報が明らかに偏ってるのは、内分泌のフェローに話を聞いたからw
ENTとかOB/GYNにもフェローはあるらしいけれど。
他科のフェローがどうなってるかなんて、ほとんど興味ないらしい。

学生のうちに主要科を回って、レジデントを決める。レジデントになってから、その先の専門を決めて、フェローになる。そんな感じ。一人一人の視野は狭いかもしれない。



こっちの人は話を聞くときいつも目を見てるとか言うけど、そうでもないw
ふんふんとか言いながら、カルテ書いてる。

どうも嘘というか、間違いというか、事実なのか感想なのかよくわからないまま言いふらす人が多い気がする。学生なら良いけど、偉くなったら分けなくちゃと思った。試験だからいつも見ろといわれたら、最近の医学生は見ちゃう。不自然。
posted by Dotzauer at 09:32| 🌁| Comment(0) | 留学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

洗濯と服

シャツは色つきを来てる人が95%。真っ白は、蝶ネクタイの人ぐらいか。
色とりどり。青黄紫黒、濃いのから真っ黒まで。赤は居なかったかな。
ネクタイも派手目。
派手目のほうがこだわりがあるものとされるのか、いちいちほめられるw
500円で買った、黒と黄色の斜めストライプなんだけどww

シャツ、ノーアイロンのユニクロがいいみたい。一枚2000円ぐらい。
ユニクロにしては安くなかったけれど、乾燥機入れてもしわがない。

洗濯機は25セント硬貨が多量に必要。一回洗濯すると、乾燥機とセットで、Quarter10枚使う。Wholefoodsのカスタマーセンターで、40枚入りのQuarterのパックを両替してもらった。ほかのところだと、一回に二三ドル分ぐらいしか両替してもらえない。
平日なら学校内のカフェでもやってもらえるかもしれない。
posted by Dotzauer at 07:57| 🌁| Comment(0) | 留学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月05日

雑記5

Mt.Vernon近く、centerストリート沿いに楽譜屋発見。
Maestro’s cafe.平日しかやってない。行けたらいいな。

アバクロ本店はNYの五番街。56st.
ティファニー本店は五番街の57st.
いいところにあるんじゃん。

そろそろCardiologyの発表資料を作っておこうかなぁ。

防犯上の理由からか、患者さんが全員紙の腕輪をしている。
外から来た、ID持ってない人は全員。

アメリカの医学生の中で、Family Medicineを志す人が今や6%しかいない。これは大変な問題だよ−Dr.Cooper

Addison病がHypotensionになるのはHypovolemicが原因か?とフェローに聞いたけれど、いまいちしゃきっとしない回答。まぁ内分泌は灰色の部分が多いのかもしれない。しぼん。

シボン・シャンパネリ、フェロー一年。顔のパーツが一つ一つ大きい。目が特にでかい。インド系?髪型と相まって、とても若くみえる。ネクタイがエルメスだったり、きっと良いところの坊ちゃんなんだな。なぜか机の上に猿の写真が置いてあって、それについて質問したら、語ると長い話でね、って言われた。もう一人猿の写真を飾ってるフェローが居て、それについても訪ねたけれど、にやにやしながら、あぁあれねふふふ、って。

Dr.CooperにExophthalmometerを使わせてもらった!

アラブ系のフェロー女医さんが、肌色がブラウンだからってベジタリアンじゃないんだからね!豚肉は食べないだけなの!って言いながらサンドイッチをほおばっていた。不器用すぎてマヨネーズがあけられず、代わりにあけてあげた。水のペットボトルも苦戦してたから、あけてあげたw
内分泌のフェローはキャラが立っている気がする。
posted by Dotzauer at 07:48| 🌁| Comment(0) | 留学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年05月04日

USMLE延期

豚さんの蔓延でUSMLEも延期に。

CS申し込んでなくて良かった。のかな。
むむむ。インフルは危ないのか危なくないのか。
日本とアメリカで温度差がありすぎて、よくわからん。
posted by Dotzauer at 22:05| 🌁| Comment(0) | お勉強系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年04月29日

雑記4

チーフレジデントというのは、レジデントがやるわけではないそうな。
だいたい優秀なフェローがやる。ここホプキンスでは、外来担当のアテンディングからチーフレジデントを選んでる。とても名誉なんだって。へぇ。

持病を書いたDog tagの話が出て来た。循環器病棟に広告が落ちていたなぁ。Adrenal insufficiencyとか、Heart Failureの人は、そういうタグつけてた方が確かに便利そう。

女性レジデントについて行ったら、前の病院でもディクテーションをしていなかったからここでも自分でタイピングしたいってAttendingに言ってた。それもありなのか!
OKもらえてた。外来やりたいって言うとディクテーションが日和りそうだったけど、タイピング可ならやれる!何の問題もない!
タイピングもそれほど早くないレジデントで、自分が以前書いたのをコピペして手直ししていた。

PERRLA→瞳孔左右差無し正円対光反射輻湊反射異常なし
pupils Equally Round Regullar Reactive to light and accomodation

EOMI→Extra ocular movement Intact
略語は全部聞かないと無理w


外来枠八人予約してて、四人がこないというw
そんな外来で良いのか?おいおいw

40分遅れで、まだ受け付けもしてないけど
今から行っても良いか問い合わせの電話が患者さんからかかってきた。
12時からカンファだからって、断ってた!まじか!
posted by Dotzauer at 10:07| 🌁| Comment(0) | 留学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

内分泌へ

内分泌は教育プランがだいたい決まってる。
朝一カンファが火曜と金曜、午前中は外来、昼はカンファかフリー。
月曜の午前は休み。フェロー外来で、忙しすぎて教えられないからだって。
午後はコンサルトと回診。水曜は回診前にGround round.

最初のカンファは、きちんとEPRをチェックすることの大切さから。
うん。まぁ。
カンファご飯をKendallに勧められるままに食べたら、クロワッサンのターキーサンド。
最初はおいしいけど、脂っこい。しかも、後から来たフェローの分が足りなくなった。ちゃちゃっと弁当箱捨てて知らんぷり。
フェロー8人とアテンディング二人。どうにもジョークを連続して言われて、追いつけない。おもしろい患者さんがいたよーって舌の写真を回して、何これ舌長くね?味蕾減ってる?いや〜犬みたい!って口々に騒ぐフェローw
実は過去のAddison病によるHypermigmentationの跡らしいw
何だこの空気はww


午前中の外来は、適当な人にくっついて行く。
Attendingについて行けば、問診ぐらい取らせてもらえるらしいけれど、初日なので、まずは人のやり方を聞いてみたく。女性レジデントについて行った。二年目。彼氏は外科のレジデント7年(場所によってレジデントの年数が違うらしい。ホプキンスの外科レジデントプログラムは5年+研究2年で7年セット)を終えて、今は心臓外科のプログラム(3年)に在籍中だって。彼氏までは聞いてないのにwまぁいいかw

外来技術を見学しようと思ったのに、二件目は患者さんに断られたw
初拒否wwだけどまぁ、Gonadalな話だから、しょうがないか。

最初の週の外来は見学して、必要十分なラインを見極めよう。


午後は外来ではなくて、医局からスタート。
医局で物欲しそうな顔をしているように見えたのか、ケーキとコーヒーをもらえた。患者さんにもらったから食べていいよ〜ほら。コーヒーはここ押すとできるからね、やってごらん。みたいな。満腹なんだけどwイシヅカになるwやめれw

昼からのコンサルトはチーム制。
AttendingがDr.Cooper。偉いじいさん。Uptodateの編纂をしているとか。学生への質問が妙w
Kindle(アメリカで流行ってるらしいブックリーダー、ipodの音楽を書籍にしたモノ。日本では本のダウンロードサービスが流行らず廃れた)の話をフェローと楽しそうに喋っていたかと思えば、いきなり、君Kindleって英単語は知っとるかね?ってw

えーえー。機械のイメージは何となくわかるけど、単語かよw
燃やすとか、点火するって意味だそうなw

英語の弱い留学生をからかってやる気かとも思いきや、そんな雰囲気は全く見えない。全部丁寧に説明してくれる。Kendallの話し方が早いと、君もう少しみんなにわかる用にゆっくり喋りなさいって。どうにも調子が狂うwなんだこの雰囲気はw


Fellowが二人。
Kendall。女性。30前かな。金髪を盛ってる人。
仕事も話すのも超早い。机の上には犬の写真。
舌が長くて犬みたいって言ったフェローもこの人。
今度結婚するらしい。
早口でまくし立てられると、よくわからなくなる。てきぱきてきぱきぱき。

Shuvan。男性。20代?何人かよくわからないけれど、アジア系?
元々それほど早く話してないけど、僕にはさらにゆっくり目に喋ってくれる。
ちゃきちゃきしてない。きっとすごい賢いんだけど、朴訥としてる。
机の上の写真は猿が飾ってあった。満面の笑みの猿。なぜ猿?
面倒見がとても良い。当面はこの人との関係を中心に築いていこう。


posted by Dotzauer at 09:53| 🌁| Comment(0) | 留学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ご無沙汰

豚インフルの情報調べで、しばらく書けず。
先週末までの雑記。


循環器のGround roundに来た先生は、Eugene Braunwaldだった。
綴りが違ってて、どこの人か見つけられなかった。

患者さんがぐっすり寝てても、回診の時とか、医者が話しかけるときは起こしちゃって良いんだなぁ。気持ちよく寝てるからやめとこうかな、とか思っちゃうのは日本人の悪いところでもあり、良いところでもある気がする。

循環器最後の日。StevenがGround roundで発表。
一番前を10分前に陣取ったwもう何度も聞かされたHDLの話。
黒バックに、白文字黄色文字のスライド。いつもより目を見開いて喋るSteven。

終わった後、なぜかJohnが居た。ハーバード出身、一ヶ月実習でホプキンスに来てて、最初の頃世話になりまくったレジデント。今日はナイトフロートで来たそうな。二人でStevenのところへ挨拶しにいった。

その後通常コンサルト。
患者さんを隣の人と間違えて、挨拶してから気づいたり。


お昼ご飯を食べにいつものカンファ部屋へ。あまり好きじゃないタコス。
その上カンファは中止で、新フェローとの昼食会になっていた。
みんなよそ行きモード全開。これは混ざれない。上が7人、新人が15人ぐらい。
カフェでアイスを食いに行こう。

循環器病棟からエレベーターで降りていく途中、おじさんにカフェの場所を聞かれた。乗り込んでくる前、病棟の医者に聞いてたのにw心配なのかなぁ。
と思って、一階についてから、カフェはこっちですよって案内してあげようとしたら、実はたばこ吸いたいだけなんだ☆ってウインクされたw
QOLかなぁ。なんだか、すがすがしい気分に。


結局最終日は10件コンサルト。僕が4件。
二時半から回診して、終わったの8時半。
終わった後、写真を撮って、ついでに推薦状書いてくれないかどうか聞いてみた。
OK!今度水曜までに書いておくから取りに来て!

まぁそれほど重大な意味は持たないと思うけれど、勲章。


眼科の吉田先生にご飯に連れていってもらった。
タイ料理、辛うまい。アバクロンビーがアツいのか。
おいしいお店をいくつか教えてもらって、次は循環器内科の先生も誘ってイタメシへ連れていってもらえることに。よっしゃ!

土曜日は日帰りでニューヨーク。朝五時半にタクシー呼んで、六時の電車で、八時半にもうニューヨーク。朝早すぎて疲れる。自然史博物館を見るも、それほど感動しない。既に知っているモノは、博物館で見ても本で見ても、それほど変わらない。美術は別だけど。

昼からミュージカル。オペラ座の怪人。うっわw思いっきり振られてやんのw
しかし、無理矢理連れていっちゃおうっていう発想が好かない。
昔はそれで良かったんだろうか。

夕方五番街をぶらぶら歩いて、寿司を食って、帰還。


日曜は留学中間とチャットした後、初めて予定のない日曜日。
ボルチモアをぐるっと一週歩いてから、床屋さんへ。
美容院を探しながら歩いたんだけど、日曜は全滅で唯一
Afrecan Wemen Hair Style
の店だけ開いてて、さすがに入れなかった。

床屋、写真見せてこんな感じに切ってくれ、と言えば何とでもなるなぁ。
Hiroshi君は丸くされてしまったけれど、無難に収まった。

その後、Hiroshi君とFive Guysのバーガー食って、買い物して、おしまい。


月曜日、新しく内分泌が始まる。また受付を最初から。
一月分しか更新してくれなかったから、来月もまた最初から。
Accept letterを持って行って、紙を少し書いて、IDバッジを更新しに行って、寮に入るためのReactivateをしてから内分泌の部屋へ。新しい月が始まる。
posted by Dotzauer at 09:08| 🌁| Comment(0) | 留学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。