2009年06月18日

忙しすぎるのと

救急は忙しすぎるのと、
面白いことが全部個人情報噛んでくるから、
何もかけなかった。

毎日だいたい8時間。朝七時からか、昼三時から。
患者さんの問診取って、プラン考えて、紙書いて、
MedicalRecord見て検査結果もうつして
プレゼンして。一丁上がり。

レジデントが暇だったら、この後いろいろ話してくれるけれど、
救急のレジデントが暇なのは日曜日の朝ぐらいで、
患者30人待ち。8時間待合にいた人とかも。
これが通常シフト。

特殊シフト1。救急車同乗。
患者さんの家にもズカズカ上がり込む。
どんなところからEMSが患者を連れてくるのか、間近で見られた。

特殊シフト2。看護師さん後追い。
IV取ったり。看護婦さんと話したり。
どんな医者も、手技は練習しないと、うまくならない。

特殊シフト3。Teaching observation。
アテンディングが見てる前で、患者さんの診察をする。
診察技術、項目、聞き方のマナーなど全部チェックされて、
フィードバックをくれる。

特殊シフト4。シミュレーション。
日本でもあるような、人形を使って蘇生の演習。
違うのが患者の設定と、
問診も取れる(先生がマイクで答える)のと、
薬も手技も使えという3点。
部屋を開けたら、うわ胸を指されて血だらけの人形が!
学生六人で頑張る。

意識がなくなるまでに問診とる!しゃべれると言うことはAir way intact!
さっさと挿管。さっさと気胸減圧。
心室細動?Cardioversion!そこの君CPR!エピ1mg!
Asystole?除細動じゃないよ!エピ!アトロピン!
けいれん止まらん?アチバン2回!フォスフェニトイン2回!
フェノバルビタール2回!とまれ!
Hyperkalemia?どうすべ?βアゴニスト?インスリンとブドウ糖?
そうこう
模擬戦場。まさにシミュレーション。

特殊シフト5。ヘリにのる。
発着場が、まず遠い。そこまで朝六時までに行く。
ドクターヘリだー!ナースヘリか。案外うるさくないエンジン音。
耳栓二重につけたからかな。

最終シフト。プレゼンテーション。
症例提示と、論文を紹介する。なぜかMeningitisの人に惹かれた。
論文を探したら、ケルニヒとブルジンスキーの感度が超低いのにびっくり。
感度高い、Jolt Accentuationは日本人ドクター発祥なのか。
PubMedで探したけど、サマリーしかない。
よく見るとHopkinsの図書館に原著があるらしい。
誰もJoltの検査しよらんからな。
日本人ドクターにも良い人はいるんだ!とホプキンスで頑張ってみる。

で、Welch libraryのStackの中へ行ってきた。
上から下まで、ぎっちり本。床がとても薄い。
巨大な本棚の中に、床を作ったという方がイメージ近い。
これがライブラリーってやつか!みたいな。

エレベーターもとても古い。後付けじゃなさそうだし、知識が将来ふくれあがっても大丈夫なように、初期投資したんだろうなぁ。先見の明がすごい。お目当ての1991年Headache誌、第三巻、167ページのUchihara先生の論文をゲットする。

コピー機も無料。それにくらべてどこぞのw
まぁいいか。


ちょうど冷蔵庫も売れた。
車を借りた日に、150ドルで買って、
二人で三ヶ月がっつり使った思い出の冷蔵庫。
途中でパイナップルジュースが爆発したなぁ。
きれいに拭いて、80ドルで売れた☆
posted by Dotzauer at 09:36| 🌁| Comment(50) | 留学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。