2009年05月06日

Career

carrer.jpg
青いのがレジデンシー。緑はフェロー。
レジデントの一年目はInternと呼ばれる。
期間は3年から5年。外科が5、内科は3、産婦人科が4年。
レジデント最終年を、シニアレジデント、と呼ぶ人もいる。

レジデント監督係が、チーフレジデント。
レジデントを終えてフェローに入る前にチーフレジデントをするところもあれば、ホプキンスではAttendingの先生がチーフレジデントをしてる。フェローになる前にチーフレジデントすると、お金そこそこもらえたり、良い評価もらって人気が高いところでフェローできるようになったりする。

フェローの情報が明らかに偏ってるのは、内分泌のフェローに話を聞いたからw
ENTとかOB/GYNにもフェローはあるらしいけれど。
他科のフェローがどうなってるかなんて、ほとんど興味ないらしい。

学生のうちに主要科を回って、レジデントを決める。レジデントになってから、その先の専門を決めて、フェローになる。そんな感じ。一人一人の視野は狭いかもしれない。



こっちの人は話を聞くときいつも目を見てるとか言うけど、そうでもないw
ふんふんとか言いながら、カルテ書いてる。

どうも嘘というか、間違いというか、事実なのか感想なのかよくわからないまま言いふらす人が多い気がする。学生なら良いけど、偉くなったら分けなくちゃと思った。試験だからいつも見ろといわれたら、最近の医学生は見ちゃう。不自然。
posted by Dotzauer at 09:32| 🌁| Comment(0) | 留学系 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。